参考材料に

比較してはならないモデルハウス

注文住宅では、ほとんどのハウスメーカーにおいてモデルハウスの見学が提供されています。注文住宅で家を建てようとする際には、モデルハウスの見学によって建物構造や間取りなどの特徴を把握する事はとても重要なものとなります。 しかし、モデルハウスはあくまでもモデルです。ハウスメーカーは自社の良い特徴をすべてモデルハウスに注いでいる為高質なつくりとしています。モデルハウスにおける建築費用は3000万円から4000万円にも及ぶことがあり、実際に建てようとする見学者にとっては現実的ではありません。実際の注文住宅における平均相場は2000万円前後と言われています。土地の所有が無い方にとっては土地購入費用まで検討しなければならないものです。よって、モデルハウスを観てこの様な家を建てようと客観的な決断は望ましいものではありません。

注文住宅における費用の特徴

注文住宅では、その名の通り購入者が注文を行って建てる家です。設計段階からどのくらいの敷地面積を利用し、どのような構造や間取りを施行するか購入者が中心となって判断していくものとなります。建築が進む中で全てにおいてこの様な判断行為が存在するため、注文住宅では費用の増大が生じてくるのが現状となります。また、注文を行うものである為、価格交渉もシビアなものとなります。 逆を返せば、これは注文住宅のメリットとなるものであり、価格の調整が容易に行えるものとなります。必要ないものは省くことが可能であり、こだわりのないものはグレードダウンに繋げられるのです。ハウスメーカー側もある程度の提案、特に快適に暮らしやすい間取りの設計を用意してることもあるので、これらを利用する事によってなるべく安く家を構築出来る特徴があるのです。